2009年11月10日

写真で見るガンダム日記

047.jpg
機動戦士ガンダムの写真日記へようこそ。

写真は10月からはじまる機動戦士ガンダム00(ダブルオー)のガンダムエクシアですね。
先日、池袋サンシャインシティでやっていたガンダムEXPO(エキスポ)2007東京で撮ってきたものです。

プラモデルやフィギュアが大好きなんですけど、社会人になってからというもの、仕事が忙しくてプラモデルを作っている暇がない。
こないだもサザビー買ってきたのに、さっそく積んであります。
なんということ!

ガンプラは見るだけでも好きなので、機動戦士ガンダムのイベントなんかがあると一人で行って、食い入るように見て、写真撮っているのですが、それだけではもったいないなと思ってブログ作ってみました。

ブログ作る暇あるならガンプラ作れよって感じですが、そんなもんこっちが作りたいわ!ってもんでございまして、どういうことかと申しますとブログは写真データだけ持っていれば会社でもアップできる!(ダメ社会人)

いくらやる気がない会社員とはいえ、さすがにプラモデルを会社に持って行って作るわけにはいきませんからね。
そんなことやったら問答無用で会社の自分の席が明日にはなくなってしまうことが分からないほどクルクルパーではありませんよ。

でも会社でPCを使う仕事がほぼ9割を占める私としては、ブログで文章書いてアップロードなんて簡単なわけで、けっしてほめられたことではありませんが、こうやって誇らしげにブログ作ってしまいましたよ。

そんなわけで、とりあえずしばらくは先日のガンダムエキスポの写真をアップ予定。
これからどっかのイベント行ったり、街中でガンプラ見つけたら写真撮っていく予定です。micako
posted by 機動戦士 at 23:24| プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

ガンダムとザクとビグザム

ガンプラ写真日記はガンダムのプラモデルの写真日記といいながら、今のところエキスポの写真がメインになってます。
だってガンプラ作ってる暇がないんだもの!

034.jpg

さて、お次はザクヘッドですね。

これはけっこうこのイベントにおける目玉だったようで、かなりの人だかりができていましたね。
素晴らしい完成度で感動もひとしお。一定時間ごとにモノアイが光り、左右に動くというのが見れました。
実物大のザクを見るとこんな風なのか〜と関心しましたよ。
基本的にガンダムよりもザク派なので、このザクヘッドには大満足でございます。

025.jpg

次はガンダムVSザクのプラモデルですね。

展示されてあったガンプラの中で、市販されているものでジオラマみたいになっている場所があって、そこに飾ってありました。
いいですね〜。
最初にアムロがガンダムに乗ったばかりのときにザクと戦ったときの再現でしょうか。
ザクは見事にひっくりかえっておりますが、それでも凛々しいと感じてしまうのはザクマニアなら当然のこと。
両方のプラモデルともカラーリングもいい感じで、非常に見ごたえがありました。プロが作ってるはずですから当たり前か。
ウチに持って帰って飾りてぇ。

024.jpg

次はガンダムVSビグザムです。

スレッガーさんの突貫が頭をよぎりますが、ドズルの自信作であるこのビグザムは本当にかっちょいい。
ガンダムとの大きさの違いも実際こんな感じだったのでしょうけど、これはデカいですよね。よく勝ったと思います。
大口径のハイメガ粒子砲を装備したビグザムですが、カラーリングもまた見事。テカり具合とかもこんなんだったんでしょうか。若干落ち着いた感じがスゲーいい感じだと思います。
立ち向かうガンダムのシーンが再現されていて大人気、ここは写真取るのにわざわざ並んでしまいました。
posted by 機動戦士 at 14:31| プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

ストライクフリーダム

041.jpg
機動戦士ガンダムの祭り、ことガンダムエキスポですが、さすが素晴らしい作品が並んでおります。

続きまして、機動戦士ガンダムSEEDディスティニーよりストライクフリーダムの登場です。
作中で表されている強さでは、歴代のガンダムの中でもトップクラス。
この機体の前のフリーダムも相当強かったですが、ストライクフリーダムになってからはほぼ反則。
アニメ見ながらでも『こいつ負けないんだろうな』って普通に思ったくらいです。
ストライクフリーダムの写真を自分も撮りましたが、ここはガンダムエキスポの中でも大人気の写真スポットだったらしく、この写真を撮るためにわざわざ並ばなくてなりませんでしたよ。
まさかたかが写真を撮るだけで並ぶなんて思いもしませんでしたね。

037.jpg
どんどん中に進んでいきますと、歴代のガンプラゾーンというのがありました。
機動戦士ガンダムのプラモデル!なんてCMまで流れておりましたよ。
写真を見ての通り、かなり昔のプラモデルから最近のものまで網羅して、しかも年代順に並べて飾ってありました。
昔こんなの買ったな〜なんてのもけっこうありまして、凄く懐かしかった。
てか最近でもまだサザビー買ったりして、わたしのガンプラは現在進行形なんですけれども。
次の休みにこそはサザビー作らねば。

035.jpg
サイド7の模型です。
モビルスーツだけでなく、コロニーの模型まであるとは驚きですな。
しかもこれ、写真でどこまで伝わるかわかりませんけどかなりデカいんですわ。
そして当然のように高い完成度を誇っております。
こんなん作ってたら楽しいだろうな〜。スゲー大変だったんだろうけど。
まさかコロニーなんてあると思いませんでしたので、エキスポ行ってよかったな〜なんて思いましたね。
posted by 機動戦士 at 15:43| プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

ゼータガンダムと百式

045.jpg
さてガンダムエキスポの続きです。

入口のすぐそばにあるのがジオン公国の赤い彗星ことシャア・アズナブルのジオングです。
機動戦士ガンダムでは、この機体でシャアはアムロと最後の戦いを繰り広げたわけですね。

それにしても見事なジオング。
無料で入れるエキスポだったので、中なんかどうせ大したことないだろうと高をくくっていましたが、いきなりやられました。
高さは2.5メートルくらいあったと思います。
室内は薄暗い照明になっていて、ジオングの紫色のカラーリングが鈍く光り、めちゃくちゃカッコ良かったです。

044.jpg
次は連邦軍の白い流星こと機動戦士ガンダムの登場です。
ジオングの隣にこれもありましたが、こちらも見事な出来栄えです。
放送当初から、最近のアニメのように機体を乗り換えるなんてこともなく、終始最強を誇ったロボット。
パイロットのアムロ・レイもガンダムに乗ってから連邦のエースとして成長していきましたね。
流石はガンダム。面構えがホントにカッコイイです。

042.jpg
ガンダム、ジオングに続きましては、Zガンダムと百式でございます。
昨年、劇場版としてリメイクされたZガンダムですが、あの作品を見て、またその素晴らしさに気づかされたものです。
リック・ディアスをアムロに取られてからクワトロが乗り換えた百式ですが、この機体は中盤から後半にかけて大活躍でしたね。
ガンダムSEEDディスティニーでは、アカツキという百式をモデルとしたモビルスーツが出てきましたが、個人的には百式のほうがやっぱ好きです。
ゼータは見た目のバランスが歴代のガンダムの中でもトップクラスにカッコイイです。
リメイク版の映画ではラストが変わっていて、気持ちよく見れたせいもあって、ゼータは最近のお気に入りです。
posted by 機動戦士 at 15:23 | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。