2007年08月20日

ゼータガンダムと百式

045.jpg
さてガンダムエキスポの続きです。

入口のすぐそばにあるのがジオン公国の赤い彗星ことシャア・アズナブルのジオングです。
機動戦士ガンダムでは、この機体でシャアはアムロと最後の戦いを繰り広げたわけですね。

それにしても見事なジオング。
無料で入れるエキスポだったので、中なんかどうせ大したことないだろうと高をくくっていましたが、いきなりやられました。
高さは2.5メートルくらいあったと思います。
室内は薄暗い照明になっていて、ジオングの紫色のカラーリングが鈍く光り、めちゃくちゃカッコ良かったです。

044.jpg
次は連邦軍の白い流星こと機動戦士ガンダムの登場です。
ジオングの隣にこれもありましたが、こちらも見事な出来栄えです。
放送当初から、最近のアニメのように機体を乗り換えるなんてこともなく、終始最強を誇ったロボット。
パイロットのアムロ・レイもガンダムに乗ってから連邦のエースとして成長していきましたね。
流石はガンダム。面構えがホントにカッコイイです。

042.jpg
ガンダム、ジオングに続きましては、Zガンダムと百式でございます。
昨年、劇場版としてリメイクされたZガンダムですが、あの作品を見て、またその素晴らしさに気づかされたものです。
リック・ディアスをアムロに取られてからクワトロが乗り換えた百式ですが、この機体は中盤から後半にかけて大活躍でしたね。
ガンダムSEEDディスティニーでは、アカツキという百式をモデルとしたモビルスーツが出てきましたが、個人的には百式のほうがやっぱ好きです。
ゼータは見た目のバランスが歴代のガンダムの中でもトップクラスにカッコイイです。
リメイク版の映画ではラストが変わっていて、気持ちよく見れたせいもあって、ゼータは最近のお気に入りです。
posted by 機動戦士 at 15:23 | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。