2007年08月28日

ガンダムとザクとビグザム

ガンプラ写真日記はガンダムのプラモデルの写真日記といいながら、今のところエキスポの写真がメインになってます。
だってガンプラ作ってる暇がないんだもの!

034.jpg

さて、お次はザクヘッドですね。

これはけっこうこのイベントにおける目玉だったようで、かなりの人だかりができていましたね。
素晴らしい完成度で感動もひとしお。一定時間ごとにモノアイが光り、左右に動くというのが見れました。
実物大のザクを見るとこんな風なのか〜と関心しましたよ。
基本的にガンダムよりもザク派なので、このザクヘッドには大満足でございます。

025.jpg

次はガンダムVSザクのプラモデルですね。

展示されてあったガンプラの中で、市販されているものでジオラマみたいになっている場所があって、そこに飾ってありました。
いいですね〜。
最初にアムロがガンダムに乗ったばかりのときにザクと戦ったときの再現でしょうか。
ザクは見事にひっくりかえっておりますが、それでも凛々しいと感じてしまうのはザクマニアなら当然のこと。
両方のプラモデルともカラーリングもいい感じで、非常に見ごたえがありました。プロが作ってるはずですから当たり前か。
ウチに持って帰って飾りてぇ。

024.jpg

次はガンダムVSビグザムです。

スレッガーさんの突貫が頭をよぎりますが、ドズルの自信作であるこのビグザムは本当にかっちょいい。
ガンダムとの大きさの違いも実際こんな感じだったのでしょうけど、これはデカいですよね。よく勝ったと思います。
大口径のハイメガ粒子砲を装備したビグザムですが、カラーリングもまた見事。テカり具合とかもこんなんだったんでしょうか。若干落ち着いた感じがスゲーいい感じだと思います。
立ち向かうガンダムのシーンが再現されていて大人気、ここは写真取るのにわざわざ並んでしまいました。
posted by 機動戦士 at 14:31| プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。